タグ「山」が付けられているもの

焼岳登頂と紅葉

朝6時15分に上田駅前をインサイトで出発しました。
安房峠の登山口に車を駐めて、歩き始めたのが、8時50分でした。
標高2000mを越えた平らな場所が紅葉の真っ盛りです。
3人で焼岳をバックに記念撮影をしました。
blogDSCF1828.jpg
きれいな紅葉です。
blogDSCF1829.jpg
少し登ると前穂が見えてきました。
blogDSCF1835.jpg
焼岳方向もきれいです。
blogDSCF1837.jpg
ナナカマドが真っ赤です。
blogDSCF1841.jpg
焼岳の噴煙が見えます。
blogDSCF1844.jpg
もう少し登って振り返ると、乗鞍が見えました。
blogDSCF1853.jpg
登山道の周りに木がなくなり、溶岩ドームが近づいてきました。
blogDSCF1855.jpgblogDSCF1861.jpg
登り切ると火口湖が見えます。
blogDSCF1867.jpg
火口湖の右に大きな穴が開いていて、その向こうに笠ヶ岳が見えました。
blogDSCF1868.jpg
これから登る焼岳北峰です。
blogDSCF1869.jpg
焼岳南峰です。
blogDSCF1876.jpg
南アルプス甲斐駒の右に富士山が見えました。
blogDSCF1874.jpg
溶岩ドームに近づくと、黄色くなった岩と吹き出す水蒸気の湯気が間近に見られます。
blogDSCF1881.jpg
北峰の東側に出ると、槍ヶ岳から穂高まで一望できます。
blogDSCF1890.jpg
いろいろな場所から噴煙が上がっています。
blogDSCF1906.jpg
頂上からの槍ヶ岳
blogDSCF1915.jpg
奥穂高岳
blogDSCF1912.jpg
前穂高岳
blogDSCF1913.jpg
明神岳
blogDSCF1914.jpg
大正池
blogDSCF1930.jpg
頂上には100人くらいの人がいました。
blogDSCF1925.jpg
温泉卵の臭いがする中、頂上で昼食にしました。
blogDSCF1935.jpg
上田の太郎山に登っている城下小職員と電話やメールで連絡し合ったり、妻に電話したりしました。
本当に良い天気です。
頂上を下りて、東側のピークに行ってみました。
いたるところから噴煙が出ています。
霞沢岳です。
blogDSCF1939.jpg
緑の屋根の焼岳小屋が見えます。
blogDSCF1943.jpg
左が南峰で、右が北峰です。
blogDSCF1947.jpg
北峰です。
blogDSCF1957.jpg
東側に水がなくなっている池がありました。
blogDSCF1953.jpg
穴から湯気が出ているところがたくさんあるので、近寄って、手を当ててみると、けっこう熱かったです。
blogDSCF1958.jpg
この熱い穴を利用すれば、昼食を温めたり、料理をしたりすることができるかもしれません。
この近くの地面も温かくなっていました。
いよいよ下山します。
下り始めると、すぐに両足の膝上内側の筋肉が痛くなりました。
ずっと休んでいて冷えたのでしょうか。
何回も筋肉がつりながら下山しました。
紅葉の中の広場(3人で記念撮影した場所)が見えました。
blogDSCF1985.jpg
登りが2時間40分、下りが2時間という登山でした。
上田に5時前に到着し、秋和鉱泉でお風呂と宴会で楽しみました。

焼岳登山途中で引き返す

安房峠周辺や13号カーブ周辺を1時間以上行ったり来たりして、ようやく登山口を見つけました。道路の両側が広くなっていて、20台ほどの車が駐まっていました。
午前中の早めの登山が原則ですが、できるだけ行ってみようと、11時30分に出発しました。
15分ほど樹林の中を歩いて、日影で少し広くなっていて、腰掛けられる根っこがあったので、昼食にしました。

mDSCF0105.jpg


サンドイッチとおむすびを食べました。
10分ほどでしたが、誰も通りませんでした。
11時55分に出発。
樹林の中を登ります。
沢渡から上高地方向へ何度もヘリが行ったり来たりして物資を運んでいます。
ピークを登りつめると、少し窪んだ所があって、また、少し登って、また窪みという感じの登山道です。

mDSCF0106.jpgmDSCF0108.jpg


何という花でしょう。ウスユキソウの仲間でしょうか。

mDSCF0109.jpg


大きな木が少なくなり、なだらかになって、焼岳が見えてきました。

mDSCF0112.jpgmDSCF0113.jpg


午後になり、天気も悪くなってきたので、下ってくる人ばかりです。

mDSCF0115.jpg


リンドウの仲間でしょうか。赤い実はゴゼンタチバナ。

mDSCF0118.jpgmDSCF0119.jpg
ナナカマドとシラカンバ・ダケカンバがたくさんあって、紅葉の頃はさぞかし美しいことと思います。
mDSCF0120.jpg


登山道が下堀沢に当たりました。
大きく掘れています。
硫化水素の臭いがしました。

mDSCF0123.jpg


前穂が見えましたが、頂上は雲の中です。

mDSCF0121.jpg


雲が多くなって、入道雲が発達しているようなので、霞沢岳に雲がかかったら下山しようと決めて焼岳をめざしました。

mDSCF0126.jpgmDSCF0127.jpg


少し日差しがある焼岳北峰方向。

mDSCF0128.jpg


まだ霞沢岳の頂上はかくれていない。

mDSCF0130.jpg


焼岳の溶岩ドームがだんだん近くに見えてきて、噴煙もはっきりと見えます。

mDSCF0133.jpgmDSCF0135.jpgmDSCF0136.jpg


溶岩ドームの左下から3つ、上から1つの噴煙が上がっています。
登山道にごろごろしている石は、どれも黒い角閃石が多く入っています。

mDSCF0138.jpg
南峰です。
mDSCF0139.jpg


ノハラアザミと溶岩ドーム。

mDSCF0140.jpg


溶岩ドーム。

mDSCF0142.jpgmDSCF0145.jpg


もう、あと30分ほどで登れそうな距離まで来ましたが、残念ながら、霞沢岳に雲がかかってしまいました。

mDSCF0146.jpgmDSCF0147.jpg


午後1時14分、引き返すことを決意。
今まで下りの登山者で一度あいさつした人たちをどんどん追い抜いて下山しました。
すると、1時30分、ついに雨が降り始めました。
もう樹林帯に入っているので、雷が鳴っても、ひとまず安心です。
雨は15分ほどで止み、2時に車へもどることができました。
もう一度、紅葉の頃に挑戦したいと思いました。

yakedakesinnakanoyu.jpg

焼岳登山に出発

城下小学校でメダカ・ドジョウ・グッピーのえさやり、ヘチマ・カボチャ・アサガオ・ホウセンカ・ゼラニウム・モイワナズナなどに水やりをしてから、8時10分に出発しました。
麻績ICから松本ICまで高速で行き、新島々のセブンイレブンに寄り、昼食のおむすび・サンドイッチ・デザート・飲み物を購入。
釜トンネル手前を左に曲がり、平湯トンネルの手前を右に入って、旧安房峠の道をジグザグに上ります。
「13号カーブから入る。」と聞いていたので、行ってみると、登山道入口らしき道が見つかりません。
14号カーブを過ぎた辺りでUターンして探し、また12号カーブを過ぎてUターン。
安房峠まで上がりましたが、焼岳への登山道は見つかりません。
岐阜県側にしばらく下りてみましたが、やはり登山道はありません。
また安房峠にもどり、穂高がきれいなので、写真を撮りました。
mDSCF0091.jpgmDSCF0092.jpgmDSCF0093.jpg
岳沢に雪があり、奥穂から前穂へ吊り尾根もきれいに見えます。
望遠にすると奥穂頂上の左にジャンダルムやロバの耳も見えました。
車を16号カーブの上にある小さな空き地に駐めて、13号カーブまで歩きました。
焼岳がよく見えます。
mDSCF0095.jpgmDSCF0096.jpgmDSCF0098.jpg
13号カーブに着きました。
mDSCF0099.jpg
登山道入口らしき所はありません。
前穂が見えました。
mDSCF0100.jpg
車まで引き返し、中ノ湯温泉の辺りまで下りてみることにしました。
14号カーブから15号カーブの間は木立の間から焼岳と噴煙が見えます。
歩きながら、登りたい気持ちが高まってきました。
mDSCF0102.jpgmDSCF0103.jpgmDSCF0104.jpg
車にもどったら、11時20分でした。

独鈷山登山 宮沢から

またも登山の鉄則を無視し、お昼の12時前に独鈷山の南側登山口、宮沢から3人で登りました。
沢沿いの気持ちの良い道です。
水の流れが心地よく、涼しい風も吹いています。
DSCF0023.jpgDSCF0024.jpg
沢から道がはずれると、急なジグザグ道になりました。
DSCF0028.jpg


1時間20分ほどで頂上に到着。
DSCF0030.jpg
頂上からの眺めです。
西は夫神岳から子檀嶺岳、太郎山、下に小牧山、烏帽子から浅間山と、よく見えました。
DSCF0033.jpgDSCF0032.jpgDSCF0031.jpg
丸子の御岳堂の方は雨が降っています。
もうすぐこちらに雷雨がやってきそうなので、急いで下りるしたくをしました。
頂上の祠の横に「亥」の祠があります。
登山道入口が「子」で、十二支の祠が登山道にありました。
DSCF0038.jpg
南側は美ヶ原が見え、下は登ってきた宮沢方向です。
DSCF0037.jpgDSCF0036.jpg
下り始めて5分くらいで雨が降り始めました。
雷も近くに落ちました。
DSCF0042.jpg
山の神まで下りてきたら、登山者がやってきたので、写真を撮ってもらいました。
DSCF0050.jpg
車で着替えて、霊泉寺温泉まで5分ほどで着きました。
DSCF0052.jpg

稲光の太郎山登山

大学の仲間と太郎山に登りました。
長崎・大阪・東京・松本から来た人たちと5人で、午後2時頃太郎山裏参道に入りました。

urasandouiriguti.jpg


金明水(きんみょうすい)を過ぎた辺りから雨が降り始め、雷の音も聞こえてきました。
坂城側が見えるコルまで来ると、太陽の日差しがありますが、黄金沢の方は霧があり、雨も降っています。
それが幸いして、登山道より下の黄金沢方向にきれいな虹が見えました。
下方向の虹は初めてです。
ここからの道は楽ですが、雷が近くに落ちるようになりました。
それでも樹林の中なので、安心して歩きました。
登山道に黄緑色の小さな栗が落ちているのが、とてもきれいで新鮮な感じです。
ほどなく太郎山神社に到着。

tarouyamajinjatoutyaku.jpg


ノートに記録しました。
学生時代に年間200回以上登頂していた友達は30年ぶりだと言っていました。
今年60になる長崎から来た友達は3年ぶりだと言っていました。
上田の街を見下ろせる場所に移動し、「雨の降っている所が分かるね。」と、話していると、稲妻が何度も見えるので、その瞬間にシャッターを押して写真撮影に成功しました。

tarouyamakaranokesiki.jpginaduma.jpg


下りは、だんだんと雨が強くなり、裏参道入口に到着したときは土砂降りでした。

urasandotoutyaku.jpg


夏の日の良い思い出となりました。
明日は霊泉寺温泉で同窓会です。